代表挨拶
日本には100年以上の歴史を持つ老舗企業が 2万社以上あると言われています。

日本には100年以上の歴史を持つ老舗企業が2万社以上あると言われています。
これは世界でも類を見ない数でありますが、100年、200年の歴史を持つ老舗企業は、
ただ老舗となったわけではありません。

企業寿命30年説という言葉があるように、
漫然と経営していたのでは組織の硬直化やサービスの陳腐化は避けられず、
結果として社会から存続を許されず、倒れてしまいます。

商売を始めたからには継続していかなければなりません。
そして100年、200年と火を灯し続けていく為には、
求められる役割を適格に理解し、果たさなければなりません。

役割を果たしていく為に必要な資質とは、
時代を読み、常に自己革新を図り、
新しい可能性を探るベンチャー精神を持ち続けること。

そしてもう一つ、我々の存在価値はこれだと誇れる様な
不変的なスタイルを持つことです。

当社にとっての不変的なスタイルとは
「不活性を活性化する会社」であり続けること。

私達は不活性を活性化することに全力で取り組み、
ひとつでも多くの感謝を生み出すことが、
お客様、社員、取引先、社会という全てのステークホルダーの皆様の、
価値あるパートナーであり続けることにつながると確信しております。

今後とも、なお一層の御支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。